American Emergency Services


Top
ホーム

Glossary
用語集

Fire Museum
消防博物館


Catalog
カタログ

FDNY E258&L110 House
ニューヨーク市消防局 E258&L110ファイヤーハウス


TV「サードウォッチ」のファーストシーズンとサードシーズン以降で外観が使用されたハウスです。

Date
住所10-40 47th Ave., Queens
マップ
アクセスVernon&Jackson(地下鉄7線)より徒歩約5分

入って右側のエンジンベイ。左に給油機があります。
ドアの左下に犬がいるのがわかりますか? こいつは署で飼っているダルメシアンです。
ウォッチルームを挟んで反対側にはラダーが停まっています。

ここがそのウォッチルーム。指令を受けたりする、署の頭脳的な部屋です。
夕方でしたので、これから出勤予定のオフィサーがいました。まだ私服ですね。

(下左)エンジン後方にはヘルメットやコートのラックがあります。ラダーと対に作られているので、もう1台エンジンが入るぐらいのスペースがあります。

(下右)エンジンに向かって右側、ウォッチルームの奥にあるストレージ。いろんな物がストックされています。右下のハイドラントは機能していない飾りです。

2階のオフィサールーム。書類仕事がFFよりも断然多いオフィサーには、個室とデスクが与えられています。

(下左)ロッカールーム。このハウスではロッカールームにトレーニング器具が置いてありました。確かにすぐ着替えを出せるし、便利な配置かもしれませんね。

(下右)リビングルーム。ソファに座ってテレビ見たり本を読んだり…なんてくつろげる部屋です。

ダイニングルーム。サードウォッチではセットでしたが、円卓や冷蔵庫など、ここを参考にセットを作ったな、って思えますよね。

(下左)キッチン。ダイニングの奥にあります。この人がハウス内を案内してくれました。

(下右)これは以前マンハッタン中に飾られていた「牛」のFDNYバージョンと、なぜかキングコングのデッカイのもあったりしました。

階段を上って3階に。ここにもハイドラントの置物が…好きですね(笑)
その隣の黄色いバーの奥は部屋ではなく、スライディングポールです。2階からでも高いのに、3階からって…

(下左)ビリヤード台もあります。リビングルームがなくてもここで十分って感じの広さと快適さ!!

(下右)屋上からマンハッタン方面を望むとこんな感じです。


American Emergency Services
© American Emergency Services, 1999-2018