Top
ホーム

Glossary
用語集


Reports
レポート

Catalog
カタログ

CFD Helmets
シカゴ消防局 ヘルメット



 
CFD Used Helmet(1992年頃〜現在)
メーカーMorning Pride
モデルBen Franklin 92AR
フロントLIEUTENANT、ENGINE18、CHICAGO(第18エンジン小隊、ルテナン)
解説このヘルメットは現在は製造されていません。恐らく5年間程度しか作られていなかったのではないかと思います。
このヘルメットからCFDカスタムフロントホルダーが作られ始めましたが、後継モデルになってからは作られなくなりましたので、CFDカスタムフロントホルダーも貴重と言えます。
テレビドラマ「er」に登場したスタイルです。
CFD Used Helmet(1980年代〜現在)
メーカーCairns&Brother
モデル880 American/Century
フロントFIREFIGHTER、1、CHICAGO(第1スクワッド小隊、ファイヤーファイター)
解説現在このヘルメットは製造されていないうえ、映画「バックドラフト」の影響もあり消防士にもコレクターにも人気があるため、大変入手しにくくなっています。
消防士に人気なのはもう1つ大きな理由があり、被ったときの背が低いのでぶつかりにくいということです。現在でも好んで使われている同社の傑作です。
フロントピースはプラスチックから変更になった新しいスタイルのレザー製のものです。
CFD Used Helmet(1980年代〜90年代前半)
メーカーCairns&Brother
モデル880 American/Century
フロントLIEUTENANT、59、CHICAGO(第59エンジン小隊、ルテナン)
解説ヘルメットもフロントピースもまさに「バックドラフト」そのままです。プラスチック製フロントピースは約4年間しか使用されず、またすぐに割れてしまうので、今では非常に希少価値がついています。AESでも数年前は年に数枚の入荷がありましたが最近はほとんどありません。
ヘルメット右にラバーバンドでとめられているのは「J-Shim」と呼ばれる木製のドアストッパーです。

  
CFD Used Helmet(1980年代〜90年代前半)
メーカーCairns&Brother
モデル880 American/Century
フロントFIREFIGHTER、3、CHICAGO(第3トラック小隊、ファイヤーファイター)
解説全てが支給時そのままといった状態で入手できたヘルメット。もちろん内側のCFDステッカーも完全に残ってます。
人気の高いバックドラフト時代のヘルメットがほぼ新品の状態で残っているのも嬉しいことです。
CFD Used Helmet(1960〜80年代)
メーカーCairns&Brother
モデルN5 New Yorker
フロントENGINE、65、LIEUT(第65エンジン小隊、ルテナン)
解説このヘルメットは、1970年代に使用されていたものですが、非常に良いコンディションを保っています。フロントピースはプラスチック製に変わる前のレザー製。
フロントピースがヘルメットの中心からかなりズレてついているのはアメリカ人の感覚ですね。ずっと使うものぐらいちゃんとつければいいのに。
ちなみに、映画「バックドラフト」でエンジン17ハウスとして外観を使われたのが、このエンジン65ハウスです。
CFD Used Helmet(1960〜80年代)
メーカーCairns&Brother
モデルN5 New Yorker
フロントSNORKEL、1(第1スノーケル小隊、ファイヤーファイター)
解説これは何とデッドストック新品です。1970か80年代に製造された物だと思いますが、この年代のシカゴ消防局のデッドストックは非常に珍しいと言えます。
フロントピースについている個人番号の入ったファイルプレートは、FFのみつけるものですが、これはブラッキントン製のレプリカです。本物は非常に高額で取り引きされています。
現在、スノーケル車は保有していますが、スノーケル小隊は解隊され、専任隊は置かれていません。
CFD Used Helmet(1960〜80年代)
メーカーCairns&Brother
モデルN5 New Yorker
フロントENGINE、22(第22エンジン小隊、ファイヤーファイター)
解説このヘルメットは、1970年代に使用されていたものですが、FFのフロントピースがついているものとしてはそれほど使い込まれていません。
このファイルプレートもブラッキントン製レプリカで、本物と比べるとかなり数字が小さくなっています。
CFD Used Helmet(1960〜80年代)
メーカーCairns&Brother
モデルN5 New Yorker
フロントENGINE、20(第20エンジン小隊、ファイヤーファイター)
解説これはAES所有ではありません。シカゴの退役消防士が所有しているもので、彼が現役の頃に実際に使っていたものです。2000年の夏にシカゴに行ったときに自宅で撮影させてもらいました。
フロントピースホルダーを8インチ用ハイイーグルに変えていますが、フロントピースは規格の6インチです。ファイルプレートも支給品で、本物中の本物ですね。
現在、エンジン20は解隊されてしまっています。
CFD Used Helmet(1940年代〜)
メーカーCairns&Brother
モデルN5 New Yorker
フロントCAPTAIN、18、ENGINE(第18エンジン小隊、キャプテン)
解説このヘルメットは非常に古く、同社がまだニューヨークにあった頃(その後ニュージャージーに移転)、1940年代のものです。
博物館クラスのなかなか出回らないもので、手に入ったのは大変運が良かったと言うしかありません。
レザーは水に濡れるとだんだん小さくなっていきますが、これはヘルメット、フロントピース共にきれいな形を保っています。

American Emergency Services
© American Emergency Services, 1999-2018