American Emergency Services


Top
ホーム

Glossary
用語集

Fire Museum
消防博物館

Reports
レポート


LED Lights
LEDについて


光電子工学の技術開発によってLED(Light Emitting Diode:発光ダイオード)は、1.6km離れたところから確認できるほどの高輝度を実現できるようになりました。
電球のように熱を光に変え発光する仕組みではないため、消費電力が極めて少なく、バッテリーは通常の懐中電灯の約14倍も長持ちします。
連続点灯耐久性は5〜10年以上と、 半永久的に球切れの心配はありません。また、ほとんど発熱しないため長時間点灯しても安全です。

ホワイト最もオールラウンドに使える色で、ナローアングルバルブは通常のフラッシュライトビームに近いものです。
ブルーワイドアングルバルブで、夜間のウォーキングに適しています。電池寿命は12〜14時間程度ですが、それでも通常のライトよりも長いのです。
レッドパイロット、セイラー、フィッシャーマンに特に人気があり、夜間の安全、信号、地図を読むなどの用途に適しています。また、赤は国際的に注意を促す色として認知されています。映画館でシートを探してプログラムを読む、なんて使い方は如何でしょうか。
イエローバッテリー寿命の長い色のうちでは最も従来のライトに近い色です。全カラーの中では暗めの光度ですが、600〜900mでの視認は容易です。
グリーン光度はホワイト、ブルー、ターコイズと並ぶものですが、バッテリーの寿命が長いのが特徴です。20時間程度の連続使用が可能です。
オレンジとても明るい色です。レッドとオレンジの中間色で、イエローよりも夜間の視認力を妨げることなく、レッドよりも光度を得られます。
ターコイズ光度はブルーよりも少し明るく、ワイドアングルバルブで、夜間のウォーキングに適しています。

American Emergency Services
© American Emergency Services, 1999-2018